教会式挙式での指輪交換

教会式挙式での指輪交換 教会式挙式での目玉の一つが、指輪の交換です。
永遠の愛の誓いのしるしとして、互いの指にはめ合います。
その始まりは古代エジプトからと言われています。
途切れることのない円の形が永遠の愛や、相手と一つとなるということを現しているそうです。
英語ではエンゲージ(婚約)リングと言いますが、これは結婚よりも婚約を重んじるからで、その起源は何と紀元前1世紀の古代ローマにまでさかのぼることができるのだそうです。
挙式の中のどのタイミングで交換が行われるかについては、牧師さんによっても若干変わります。
通常は司式者の式辞が終わった後に結婚の誓約が行われ、その後に行われることが多いようです。
その際には、まず新婦は手袋をぬぎ、次に牧師さんから指輪が手渡され、新郎から新婦へ、そして新婦から新郎へと交換が行われます。
すっと入っていかないこともあり、そんなときには参列者から笑いがこぼれることもありますが、ほほえましいシーンとして映ることでしょう。

教会式の挙式ではウェディングドレスが主流

教会式の挙式ではウェディングドレスが主流 神前式では白無垢を着るように、教会式の挙式ではウェディングドレスを着てヴァージンロードを歩くのが主流です。
カトリックとプロテスタントの教会では微妙にルールが違い、特にカトリック系の教会ではマリアベールと呼ばれる新婦が顔を覆うベールを重視していたり、ビスチェなどの肩の出るデザインのドレスは禁止されている教会もあります。
結婚式場に併設されているチャペルと違い、教会式の挙式は信者でないと挙げられないこともあり、普段から日曜礼拝に参加したりどちらかがクリスチャンなことなど事前の行動も必要です。
招待客側にも肌の露出の多い服はさけてもらい、膝がかくれる長さのフォーマルワンピースなどにしてもらわなければなりません。
招待される側は花嫁より目立たないのはもちろん、新郎新婦の親族より華やかさを少し控えめにするのがマナーです。
男性の場合はブラックスーツやダークスーツが一般的で、女性と同じく白色や銀色は新郎が着る色なのでさけます。

新着情報

◎2022/10/20

情報を更新しました。
>教会式で挙式をしたい場合、キリスト教以外でもできるのか
>挙式スタイルの代表例である教会式や神社挙式とは
>教会式で挙式を挙げる場合の参列者に決まりはあるか
>教会式の挙式を執り行う神父や牧師の特徴や仕事内容
>挙式を教会式で行う場合、なにか資格が必要なのか

◎2021/2/14

新郎新婦の持ち物
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

最近人気の挙式
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

聖職者さんたちの役割
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

教会式挙式での指輪交換
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました

「挙式 指輪」
に関連するツイート
Twitter

華金カップル、ハイスペリーマン×爆美女彼女という構図で日常生活の中で仲良くイチャイチャしてるのが好きだったのに、YouTubeで成功して海外旅行ばかりして婚約指輪にハリーウィンストン買ってハワイで挙式して、あぁ金を持つとそうなるよなぁというお気持ち

あのアンソロたちのこと実質婚約指輪だと思ってるから…………結婚してくれ4スちゃん……いや既に皆の前で挙式までしましたが……(パメスコ10)

五夏ちゃん、婚約指輪→結婚指輪→引出物→パジャマが発売されたので、挙式→南へ新婚旅行→結婚生活が始まったことをグッズ展開で匂わせてくる……。

男性年上の歳の差婚で不妊治療してる子増えたな。 だいたい6~12歳差で結婚 カルティエの1ctの婚約指輪に外資系ホテルで挙式、タワマンを購入して楽しそうに見えたけど、女側が離婚を考えてるみたい🥺…

結婚について聞かれて、 プロポーズもなく、挙式もせず、指輪も買わずに、1人で役所に行って資料を提出して結婚しました と回答すると、 挙式の有無はともかく、他の3点についてはお前マジかよみたいな反応をされることが多いが、いまどきの結婚ってこんな感じじゃないの?気のせい?